【WI-1000XM2】一度使うと手放せない!SONYのノイズキャンセリングイヤホン

Takaya

どうも、ノイズキャンセリングイヤホンを使用してから人生が変わりましたTakayaです。

皆さんは、ノイズキャンセリングイヤホン、ヘッドホンを使った事がありますか?

まだ一度も使用した事がないという方にお伝えしたい。
冗談抜きで、世界が変わりますよ

そもそも、レコードを聴く事が趣味な僕にとって、音楽を聴く為のヘッドホンは、そこそこ良いものを持っているし、飛行機や電車などでの移動の際にはiPhoneに付属している純正のイヤホンで十分。そんな考えでこれまでノイズキャンセリングイヤホンについては全くと言っていい程、目を向けていなかった僕ですが、たまたま寄った家電量販店でみかけ「ノイズキャンセリング」「名前は聞いた事はあるけど」「まぁとりあえず試してみるか」くらいのほんの軽い気持ちで体感し、そこからノイズキャンセリングという機能の凄さに圧倒され、今では下記のように。

・ブログを書く時
・読書をする時
・物事に集中する時
・飛行機や電車などで移動する時

などなど、日常の中でなくてはならない存在にまでなっている僕の必須アイテムです。

ノイズキャンセリング機能をまだ一度も試した事がないという方は、騙されたと思ってお近くの家電量販店や、取り扱いのある店舗などで是非試してみてほしいです。

スイッチを入れた途端、目の前の色がフワッと無くなるような感覚といいますでしょうか、言葉ではうまく表現できないのですが、新鮮な感覚で、とても衝撃を受けると思います。

という事で、大分前置きが長くなりましたが本題のアイテム紹介へ。

目次

SONY【WI-1000XM2】

SONYから2019年12月に発売されました、
いい音には、静寂が要る。業界最高クラスのノイズキャンセリング性能の高音質ネックバンド型ワイヤレスイヤホン。

こちらのシリーズには他にも。

があります。

なぜ完全ワイヤレス型、ヘッドホン型ではなくネックバンド型を選んだのか

ノイズキャンセリング性能のイヤホン、ヘッドホンを購入検討する中で、僕がはじめに候補としてあげたのはこちらの4つ。

・Apple【AirPods Pro
・SONY【WF-1000XM3
・SONY【WH-1000XM3
・SONY【WI-1000XM2

上記のモデル、全て素晴らしい製品なのは間違いないです。
その中から、自分の使用用途に一番あう製品一つに絞っていきました。

まず、おそらく今一番人気であろう完全ワイヤレス型のタイプは、僕の使い勝手だと、急な取り外しの際などにうっかり置き忘れしそう、また気づかない内に落下し無くす可能性がありそうだなという事で、はじめに選択肢から外しました。

Apple(アップル)
¥29,818 (2022/11/03 17:41時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

次に、ヘッドホンタイプの方は性能やスペックを比べる中でも、また実際に試した中でも一番ノイズキャンセリング効果は素晴らしく、自宅でのみ使用するのなら間違いなくこちら一択だったのですが、僕の場合外出する事も多く、その際にはできるだけコンパクトに持ち運べるタイプがいいなと、迷いに迷い選択肢から外す決断に至りました。
また、夏場の屋外での使用となると、汗で蒸れたりもするしなと…

そして、こちらのWI-1000XM2に決めたのでございます。

結論から先に申し上げますと、こちらを選んだ結果、とても満足しており、ブログを書く時などにはもちろん、自宅でも外出の際にも毎日必ずといっていい程使用しています。

・外した際、首にぶら下げておける(紛失、落としにくい)
・音質、性能、携帯性のバランスがとれている
・バッテリーが切れた際など、いざという時に有線でも使える

外観と性能

コンパクト

箱の中にはイヤホン本体が入っているケースがあり、デザイン性も良く、コンパクトで小さなバッグの中にもポンと入れて簡単に持ち運ぶ事ができます。

僕の使用しているiPhone XSと比べるとこのような感じ。
メガネケースくらいの大きさです。

そして、ケースの中からイヤホン本体登場。

シンプルなマットブラックで、統一感のあるフラットなデザイン。

ネックバンド部分がシリコン素材となっており、このように簡単に折りたたみ収納する事ができます。
とても柔らかく本当にくにゃっと曲がるので、きっと驚きますよ。

装着するとこんな感じ。

とても軽く僕の使用感でお伝えしますと、一日中首から下げたままでも全く疲れません。
首から下げていた事を忘れていた時もある程。

とても素早いペアリング速度

電源ボタンと充電ポートは、左のネックバンド部分にあり、電源を入れて僕の使用しているiPhoneとのペアリング速度は、驚くほどに早いです。ひと昔前のBluetooth機器のように、ペアリングに時間がかかるなどといったストレスを全く感じません。

充電ポートはUSB Type-C端子となっており、コネクタの向き関係なく接続できる点も良いです。

・音楽連続再生時間はノイズキャンセリングONの状態で10時間、OFFの場合15時間
・フル充電までの時間は3.5時間
・万が一充電し忘れた時でも、10分の充電で80分再生が可能なクイック充電機能

リモコンとマイクは左側のケーブルに配置されており、カスタムボタン(C)を長押しすると使用環境に合わせノイズキャンセリング機能を最適化する(NCオプティマイザー)が起動します。
こちらの機能は特に、飛行機の中で気圧が変化した時などに効果を発揮します。
最適化完了までの時間も約2秒とスピーディ。

有線が使える安心感

それから、こちらのWI-1000XM2の魅力の一つとして、有線でも使えるという点です。

付属しているケーブルを利用し、Bluetooth非対応端末でも使える事はもちろん、イヤホン本体のバッテリーが切れた際にもケーブル接続をすれば使用できるので、凄く助かります。

航空機アダプターも付属しており、これら全てをケースに収納し常に一緒に持ち運ぶ事ができます。

アプリとの連携で細かい設定が可能

また、接続する端末にSONY純正のアプリをダウンロードし連携する事で、音質やノイズキャンセリングの強度など、より細かい設定が可能です。
アプリの画面はこんな感じ。

イコライザー機能も搭載されており、5つの帯域を20段階で変更でき、自分の好みの音質に調整する事ができます。▼

ノイズキャンセリング性能と音質

正直、このように文章や言葉でお伝えする事は難しいですが、イヤホンを装着し、曲を再生せずに、ノイズキャンセリングをONにした時の目の前の色がフワッと無くなるような感覚と感動、そこからOFFにした時に感じる無駄な騒音。外での効果発揮はもちろんですが、僕的に普段静かだと思っていた自分の部屋の中で一番感じましたね。

いつもこんなに多くの騒音にあふれる世界で生きていたのか…」と。

びっくりしますよ、本当に。

外ではノイズキャンセリングをONのままにし道を歩くと、車の気配に気づけない事もあるので、その際は外の音をイヤホン内に取り込む機能もしっかりとあるので、有効に使うといいですね。

曲の音質についても、イコライザーを使い自分好みの音質に調整する事で、どんな楽曲でも、とても高音質で聴く事ができます。

SONYが誇る高性能イヤーピースも、こんなに沢山付属しているので、自分の耳に合わせて装着感を細かく調整できるのも大きなポイントです。

地味に嬉しいイヤホン先の弱めの磁石

最後になりますが、僕がWI-1000XM2の仕様の中で地味に一番気に入っているポイントが、イヤホン先端部に装備されている磁石
外している時は、このようにくっつける事ができます。

磁力も、片方を手に取って振ると外れるくらい弱めで、これまで使用中に離れないなどと不便に感じた事は一度もありません。
ちょうどいい、くらいの磁力です。

こちらがある事により、耳から外している状態の時に胸元でプラプラしないのです。

イヤホンひとつで変わる日常もある

はい。

という事で、僕の使用しているノイズキャンセリングイヤホンの紹介でした。

イヤホンというと「音楽を聴く」という点に注目しがちですが、ノイズキャンセリングイヤホンに関しましては、音楽を聴かなくても必要性を実感できるというところです。

通勤の電車内や飛行機での時間、またご自宅での自分時間など、日常を変えてみたいと思った事のある方には特に、一度試してみる価値のある製品としてオススメします。

僕自身、もうなくてはならない、もっと早く生活の中に取り入れておきたかったというのが正直な意見です。

また、色々とご紹介して行きますので、今後とも宜しくお願い致します。

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次