【SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary】ソニーEマウント用単焦点レンズの紹介

Takaya

どうもTakayaです。

この記事では、僕がブログやSNS等で度々紹介する食べ歩きの際には必ずカメラにセットし持ち出すレンズのご紹介になります。

小さく、明るく、更にはお手頃価格という、三拍子揃った最高のレンズです。

まずご紹介へ行く前にお伝えとして、こちらのレンズはAPS-Cのイメージサークル対応のレンズで、僕はそれをSONY α7Ⅲ(フルサイズセンサー搭載機)で使用しています。

▼使用カメラの紹介記事はこちら▼

目次

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

シグマから2016年3月に発売した、ソニーEマウント(APS-C用)の開放絞りF値が1.4と明るい単焦点レンズです。同時にマイクロフォーサーズ用も発売されています。

こちらのレンズは30mmという焦点距離なので35mm換算で45mmの画角として使用する事が出来ます。

シグマ(Sigma)
¥35,818 (2022/11/03 18:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

仕様や特徴

・【焦点距離】30mm
・【35mm換算】45mm
・【絞り羽根枚数】9枚(円形絞り)
・【開放絞りF値】1.4
・【最短撮影距離】0.3m
・【最大撮影倍率】0.14倍
・【手ブレ補正】なし
・【フィルター径】52mm
・【サイズ】64.8×73.3mm
・【重量】265g
・スーパーマルチレイヤーコート
・ステッピングモーター・インナーフォーカス

APS-C/Super 35mmモードで使用

前述しましたとおりこちらのレンズはAPS-C用のレンズになりますので本来は、

SONY APS-Cセンサーモデル

・α6600
・α6500
・α6400
・α6300
・α6100
・α6000
・α5100

などに取り付け使用するのですが、僕の使用しているα7Ⅲも同じEマウントなので問題なく装着可、更に素晴らしい事に備わっている機能にAPS-C/Super 35mmという項目があり、そちらの設定をし切り替える事によってケラレる事なく使用出来るようになるのです。

ちなみに、そのままの状態だとこんな感じ。

四隅がケラレ暗くなっております。

そして切り替える事によってこうなります。

なんの違和感もなく使用出来ます。

確かこの機能、デフォルトではオート設定で、装着した際にカメラ側が勝手に認識し切り替えてくれたと思うのですが、僕はカスタムボタンに割り当て、マニュアルでワンタッチ切り替えが出来るように設定しています。

というのも、APS-C用のレンズを使用する際にはもちろんですが、フルサイズ用のレンズを使用している最中にも、あえてAPS-Cモードに切り替え使用する事も可能なのです。

センサーの中心部のみを使用するので、もちろん有効画素数も減ってはしまいますが、その分1.5倍ズームした形になるので、もう少し寄りたいけど寄れない、などという状況に重宝するのです。

こちらの機能がある事によりAPS-C専用レンズまで使えるので、ボディを移行してもレンズ資産の有効活用も出来ますね。

サイズ感

見てください、この装着した様子を。

フルサイズセンサー搭載カメラに30mm(35mm換算45mm)F1.4のレンズがついてこのコンパクトさ。

※フードを逆さまに装着した状態です。

このようにしっかりとフードを付けると少し迫力が出ますが、僕的には一日中ずっと付けっぱなしで持ち歩いていても全く苦にならない程度です。

フォーカスリングはヌルッとした感じでスムーズに回ります。

AF性能

AFもとても静かで、瞳AFに関しましても画面全域で素晴らしい精度で動作し、僕個人的な感覚としましては、純正のレンズとほぼ変わらないくらい高速な気が致します。

厳密にはもちろん違うのでしょうが。

あくまで趣味でカメラを扱う程度の僕の意見になります。

ご了承ください。

F1.4という明るさ

やはり開放絞りF値1.4という明るさは相当いいです。

僕はα7Ⅲを購入した際に、一緒に購入したレンズがSEL24105Gという、もちろんとてつも無く素晴らしいレンズではあるのですが、開放絞りF値が4のレンズだった為、そこからこのレンズを装着し一番はじめにびっくりしたのは、やはり明るいレンズならではの、あのボケ感でした。

写真を撮りたい、という欲をより一層引き立ててくれましたね。

また、夜間での撮影の際には、ISOを下げたり、シャッタースピードを稼いだりなども出来ます。

コストパフォーマンス

僕がこちらのレンズを購入するにあたり、正直な、一番の決めてはやはりコスパの良さでした。

SONYのフルサイズ機専用の純正の単焦点レンズで全く同じ画角は無いにせよ、近い物もありますが、やはりお値段が凄まじい。

もちろん出来る事なら欲しいのですが…追々…ですかね。

まとめ

率直な意見を申し上げます。

購入して良かった。

はい。

後悔の一切無い、とてつも無く素晴らしいレンズです。

まぁ一点だけ欲をいうと、手ブレ補正内蔵と防塵防滴だったらなと。

やはりレンズは性能を追い求めていくと、サイズ、価格と共に大きくなってしまうのですが、こちらのレンズはソニーEマウントで約45mm相当の開放絞りF値1.4の標準レンズとして使え、コスパも素晴らしい僕の中ではお気に入りの一本です。

画角が嫌いじゃないのであれば、皆様にも是非一度使ってみて欲しいです。

と言う事で、簡単にではありますが、僕の使用しているレンズの紹介でした。
最後まで長々とご覧いただきありがとうございます。
また色々とご紹介していけたらなと思っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporaryで撮影した作例

最後に、SIGMA 30mm F1.4 DC DN | ContemporaryをSONY α7Ⅲに装着し撮影した写真をほんの少しですが掲載しておきます。
冒頭でもお伝えしましたが、僕がブログで掲載している食べ歩きなどの撮影には現在ほぼほぼこちらのレンズを使用しています。

\ その写真はこちら /

今回は普段の日常の中で撮影した写真を載せておきます。
宜しければどうぞ。

シグマ(Sigma)
¥35,818 (2022/11/03 18:08時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次