【LIFEPROOF FRE】世界中で人気の防水・耐衝撃iPhoneケースの紹介

Takaya

どうもTakayaです。

今回の記事は僕の長年使用(愛用)しているiPhoneに着用しているケースのご紹介になります。

ライフプルーフ【LIFEPROOF】
シリーズ:FRE
カラー:ASPHALT
2020.02.現在、iPhone XS使用

様々なシーンで用いるiPhone。

海や川、山など、アウトドアのアクティビティにはもちろん、屋外での仕事や作業など。

やはりその際に心配されるのはiPhoneの落下や水没による破損だと思います。

確かiPhone XS/XS MAXからはIP68等級に適合し、これまでのiPhoneよりも更に防水・防塵性能が向上し、水回りなどでも問題なく使用出来るようにはなっているみたいです。

とは言っても色々な環境下で使用する際に、やはりケース無しの状態だと、多少不安が残ります。

例えば不意に起こる落下による衝撃など。

僕も一度経験が有りますが、iPhoneをケースに入れず出掛け、そのまま地面へ落とし画面が粉々に。

そういう経験もあってか、衝撃には弱い印象があります。

そこでおすすめなのが、今回ご紹介するケースです。

目次

LIFEPROOF FRE

LIFEPROOFとは

既にご存知の方も多くいらっしゃるとは思いますが、LIFEPROOFは防水、耐衝撃スマートフォンケースとして、アウトドア好きの方々にはお馴染みのブランドです。

デザイン、カラーなどを含め、いくつか種類はあるのですが、僕は【FRE】 と言うシリーズの【ASPHALT】というカラーを使用しています。

防水・防塵・防雪・耐衝撃と4つの性能を持ち、防水防塵規格はIP68、水深2mでも防水にて使用可能なほか、高さ2mから落下しても大丈夫という。

そもそも僕がこのケースを知ったのはiPhone 4S使用時代。

尊敬するアウトドアの達人のような先輩から教えて頂き、これまでに

・iPhone 4S →・iPhone 6S →・iPhone XS

と機種変をしてきたのですが、いずれの機種にも必ずこちらのケースを使用しています。

ちなみに、前述しました落下の際は、同じケースではあるが新調しようとたまたま外した時に起きたので、やはり無しではダメだなと身をもって痛感させられました。

LIFEPROOF iPhone XSケース FREシリーズ ASPHALT 防水 防塵 防雪 耐衝撃ミルスペック 水没補償【日本正規代理店品】

LIFEPROOF FREの特徴

ではとても簡単にではありますが、大まかな特徴、僕的に良いなと思うところをいくつかご紹介致します。

装着のしやすさ

防水・防塵・防雪・耐衝撃と4つも性能を備えていると、装着が難しそう、大きく、重いのでは、などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の使用感でお伝えするならば、全くそんな事はありません。

逆に、はじめてケースを持った時の印象は凄く軽く、本当にこんなペラペラなプラスチックのような素材でそんな性能があるのかと疑った程。

装着も簡単で、ケース内側の溝にはラバーが張り巡らされていて、これがパッキンとなって水の浸水を抑えてくれているそうです。

以前使用していたiPhone 6S用はケースを外すとこのラバーまで取れ、再度装着する際に押さえ込みながら上下のケースをはめ込む、と一苦労だったのですが、現在使用しているiPhone XS用はそういった事も無く、誰でも簡単に何度も脱着を行うことが出来ます。

装着し手に持った感覚は、だいたいひと周りくらいですかね、大きくなる印象です。

装着したまま全てのボタン操作が可能

これだけの性能ですので、もちろん剥き出しの部分はありませんが、装着したまま電源ボタン、マナーモードのサイレントスイッチ、ボリュームボタン、全て操作可能です。

僕が使用しているiPhone XSには無い機能ですが、iPhone 6S使用時は指紋認証もケースに入ったまま利用可能でした。

素晴らしいなと感動した記憶がございます。

また、充電コネクタ部はパカっと開く蓋タイプになっていて、ケースを装着したままケーブルを挿入し充電する事が出来ます。

もちろん充電などで使用する以外の時は、しっかりと閉じていないと駄目ですよ。

あと、こちらでもう一つ思い出した事がありまして、現在使用しているiPhone XS用のカバーではサードパーティのケーブルも挿入可能なのですが、確かiPhone 6S用を使っている時はApple純正のケーブルしか挿入出来なかった記憶がございます。

機種変更に伴い、買い替えた時に感動した部分です。

防水・防塵・防雪・耐衝撃性能の素晴らしさ

防水
・防水性能基準8等級の最高レベル(IPX8)で、メーカーの公式ページでは最大水深2mで1時間の防水性能。との事。
防塵
・防塵性能基準6等級の最高レベル(IP6X)で、メーカーの公式ページでは密封で粉塵や雪をシャットアウト。との事。
耐衝撃
・耐衝撃性能はアメリカの軍用規格(MIL-STD-810G-516.6)の基準をクリアしており、メーカーの公式ページでは最大2mからの落下から守る耐衝撃性。との事。

上記のように、素晴らしいスペックを持ち合わせているのですが、正直文章を読んだだけではピンとこないと思いますので、僕なりの実際に使用している感想を。

・大雨の中使用しても平気
・風呂場での使用も平気
・大分高い所から落下させてしまっても平気
・汚れた時にはそのまま水洗いしても平気

などなど。

僕の普段の日常の中では今のところ全てにおいて問題なく、iPhone XSをしっかりと保護してくれています。

※上記内容はあくまでも僕個人的な使用感想になり、その時の状態や環境によっても大分異なると思いますので、復唱致しますが、あくまでも参考までに。

安心補償サービス

更に大きな特徴として、独自の補償サービス【LIFEPROOF CARE】があり、こちらは万が一の不具合に対して端末修理費用の保証とLIFEPROOF製品の交換対応を行うサービスです。審査があるようです。

商品購入から30日以内にWeb登録する事で、購入日より1年間の保証を受けられます。

正規代理店からの購入に限り適用との事みたいですね。

僕も登録はしたのですが、特に不具合などこれまでにない為、一度開いたきりで詳細は覚えておりません。すみません。

ただ、結構色々と細かかったような印象があるので、購入検討をされている方や、気になる方は事前にWebページで詳細を見ておいた方が良いかと思います。

まとめ

こちらの【LIFEPROOF FRE】正直お値段は多少しますが、大切なiPhoneを保護するには最高・最強だと思います。

僕も含め、まわりでも落下や破損などにより、修理に出し結構多額な金額をお支払いしたという方も多くいらっしゃるので、よくiPhoneを落としてしまう人や、アウトドアが好きな人、過酷な環境下で作業をする人にはオススメなケースです。

もちろん、デザイン性重視の方や、実用性重視の方、使用目的によって使い分けをされている方など、皆様お使いのケースは様々だと思います。

逆に、他にもこういう特徴を持つケースがあるよ、などと皆様のオススメがあれば是非教えていただきたいです。

宜しくお願いします。

という事で、簡単にではありますが、僕の使用しているiPhone XSに着用しているケースのご紹介でした。

最後まで長々とご覧いただきありがとうございます。

また色々とご紹介していけたらなと思っておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

LIFEPROOF iPhone XSケース FREシリーズ ASPHALT 防水 防塵 防雪 耐衝撃ミルスペック 水没補償【日本正規代理店品】

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次