シンプルで最高に美味しい!沖縄の郷土料理【にんじんしりしりー】レシピ

Takaya

どうもTakayaです。

本日は、僕の生まれ育った沖縄の郷土料理である「にんじんしりしりー」のレシピをご紹介していきます。

ご家庭によって、入れる具材や調味料などは様々だと思いますが、今回はシンプルに、にんじん、たまご、それから塩のみでつくっていきたいと思います。
にんじん本来の甘みを思う存分堪能できる一品となっておりますので、是非最後までみていってください。

あくまでもおうちで、趣味で料理をしている僕なりのレシピとなりますのでご了承ください。
温かく見守っていただけると幸いです。

と、その前にこちら。

いつも晩酌に欠かせない大好きな「芋焼酎の無糖ティー割り」でございます。

Takaya

お疲れ様です。乾杯。

目次

にんじんしりしりー

今やテレビや雑誌、あらゆるメディアで取り上げられているという事もあり、説明不要の沖縄の郷土料理の王道「にんじんしりしりー」。

ネット記事や雑誌などでは「にんじんしりしり」と記載されておりますが、沖縄県民の方が実際に声にし、発する際には「にんじんしりしりー」と語尾を伸ばす方の方が多いのではないでしょうか。
もちろん、僕もそのひとりでございます。
では早速。

材料(3〜4人分)

・にんじん【2本】

・たまご【2個】

・塩【小さじ2】

・オリーブオイル【大さじ1】

つくり方

STEP

にんじんは皮をむいて、しりしりー(千切り)にする。
(しりしり器が無い場合は千切り器にて千切り。)

▼しりしり器の紹介記事はこちら▼

STEP

たまごは割り、塩をひとつまみ入れ、溶いておく。

STEP

フライパンにサラダ油を入れ、にんじんを中火でゆっくりと炒め、塩で味をつける。
炒めていくと、徐々に甘みが出てきます。

フライパンの周りの部分だけは焦げやすいので意識して混ぜるようにしてください。

STEP

にんじんがしんなりしてきたらフライパンの中心付近に集め、その上から溶きたまごを被せるようにそそぐ。

急いでかき混ぜない。

焦る気持ちは分からなくもないですが、ここがポイントです。

STEP

フライ返しやヘラなどで周りに溢れてきたたまごを中心に寄せ、たまごが少し固まってきたら一度ひっくり返し、混ぜる。
※ここで一度味見をし、薄ければ塩を足してください

できあがり。

あと一品ほしい時に、なんて言ってられないですよ。
立派なメインおかずとしていただけます。

楽しいおうちごはんのお時間を

今回は、にんじん本来の甘みを楽しむ為に、あえてシンプルに作りましたが、具材にシーチキンやポーク、トッピングに小ねぎや いりごま、味付けにほんだしや白だしなど、色々なスタイルで調理し楽しめる一品です。

Takaya

料理は自由だー!
楽しくクッキング!

はい。
という事、でこれから涼しくなり食欲の秋の季節、皆さまも楽しいおうちごはんのお時間を〜。

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次