WordPress(ワードプレス)とは?【分かりやすく徹底解説】

Takaya

どうもTakayaです。

〜はじめに〜

WordPress(ワードプレス)とは、世界シェアNo.1を誇るブログシステムです。
このブログもWordPressで運営しております。

僕の以前の記事「ブログ】無料?有料?どちらではじめるべき?」でもざっくりと説明しましたが、今回はその中で結論おすすめとお伝えしましたWordPressについて詳しく説明していきます。

あくまでも僕個人的な意見ではありますが、本格的にブログをはじめるのであれば、無料のブログサービスではなくWordPress1択で間違いないと思っています。

こんな僕でも全く無知の状態からスタートし、とりあえず運営はできるくらいにはなれたので、しっかりと順を追ってやれば誰でも必ずできますのでゆっくり確実に1歩1歩前進していきましょう。

これからブログをはじめようと思っている方や、興味があるという方に、少しでも参考になれば幸いです。

この記事で分かること

WordPressとは何か
WordPressと無料ブログとの違い
WordPressが世界シェアNo.1の理由
WordPressのメリット・デメリット
WordPressの活用事例

では、順番に1つ1つ説明していきます。

目次

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとは、誰でも簡単に高機能で美しいサイトやブログを作成することができるブログシステムです。

後の方でもう少し詳しく説明しますが、CMS(コンテンツ管理システム)と言われるソフトウェアの1種で、ひとくくりにしネットというと、必要であるかのように感じるプログラミングのスキル、HTML、CSSなどの専門知識がなくてもブログを扱えるようにつくられています。

無料ではじめられるブログと同様、ブラウザ上の操作でブログ運営ができます。

難しい横文字がたくさん出てきてすでに理解不能ー。

Takaya

大丈夫大丈夫。
今は何となく「へぇー」くらいの気持ちで大丈夫だよ。

WordPressと無料ブログの違い

WordPressと無料ブログの主な特徴を比較すると下記のようになります。

項目WordPress無料ブログ
はじめやすさ簡単◎超簡単
月額費用△1000円程◎無料
集客力◎強い△やや弱い
収益性◎高い×低い
デザイン◎豊富△やや少ない
カスタマイズ◎自由×制限あり
ブログサービス側の勝手な広告表示
(収益性なし)
◎表示なし×表示あり
ブログサービス側のサポートなし問い合わせ可能

WordPressでのブログ運営にはコストがかかりますが、無料ブログと比べ集客力やデザインなどのカスタムの自由度、収益化する仕組みにした後の収益性にも圧倒的に優れていますので、下記のように思われている方は迷わずWordPressを選ぶことをおすすめします。

本格的にブログをはじめたい
デザインなどにもこだわりたい
ブログでお小遣い稼ぎがしたい

ちなみに僕はもともと無料ブログからスタートし現在WordPressにて有料でブログ運営をしていますが、正直完全趣味、またデザインも全く気にしないという方でも、やって行くうちに「どうせなら収益化したい」「デザインもあのブログのように変えてみたい」などと必ず出てくる気持ちではないかと思っております。
実際僕がそうでした。

またWordPressにはブログサービス側からの直接なサポートはないのですが、後述します同じテーマを使っている方々などが、とても分かりやすくウェブ上で解説してくださっているので困った時などでも解決していけるので問題ないかなと思います。

そういうこともあり、僕個人的にははじめからWordPressという使うにあたり有料ではありますが、そちらを使いブログをスタートすることをおすすめしています。

確かにどうせやるなら収益化もしたいし、多少のコストはかかるけどWordPressで間違いなさそうだね。

WordPressが世界シェアNo.1の理由

現在、世の中に存在しているウェブサイトのうち約60%近くがCMSという仕組みによって構築されています。
そんな中、WordPressはCMSとして世界シェアNo.1を誇り、ブログ運営には必須の存在となっています。

CMS

CMSとはContent Management System(コンテンツマネージメントシステム)の略で、簡単にいうとウェブ制作の専門知識がない人でも手軽にホームページやブログ、ウェブサイトの編集や作成管理などができるツールです。

CMSの世界のシェア率ランキングのトップ3は下記の通りです。(2022年11月時点)

世界シェアトップ3

1. WordPress【64.2%】
2. Shopify【6.1%】
3. Wix【3.4%】

引用元:w3techs.com

ちなみに下記は日本国内のシェア率ランキングトップ3ですが、更にWordPressが圧倒的なシェア率となっています。(2022年11月時点)

日本シェアトップ3

1. WordPress【84.3%】
2. Adobe Systems【2.9%】
3. Shopify【2.1%】

引用元:w3techs.com

多くの方がWordPressを選ぶ理由は、高機能で美しいサイトやブログを簡単につくれる使いやすさがあるからだと思います。
無料ブログでは限界があるカスタマイズも簡単に行うことができます。

テーマ

上記でお伝えしました「カスタマイズを簡単に行うことができる」という部分に関してですが、WordPressにはテーマというものが存在します。
簡単に言いますとブログ全体のデザインを変更できるテンプレートのことで、着せ替えをするイメージといえば分かりやすいのではないでしょうか。
本当にびっくりするくらい簡単におしゃれにしたり、カッコよくしたり、可愛くしたりなど自由にカスタマイズすることができます。

テーマも凄く色々とあるのですが、その中から人気なものをいくつか▼

引用元:SWELL
引用元:JIN
引用元:SANGO
引用元:Cocoon

無料のものから有料のものまで幅広くあります。

Takaya

ちなみに僕は最初無料のCocoonを利用していて、その後現在使用しているSWELLに変更しました。

SWELLをみてみる

プラグイン

また、WordPressにはプラグインというものもあり、ブログの機能を追加したりできるプログラムのことです。
そのプラグインですが、公式だけでもなんと58000個以上もあるようで、使い方次第ではございますがほぼ無限に機能を拡張することができます。

例えば、お問合せのフォームを追加する為のプラグイン、セキュリティ対策を行なう為のプラグイン、自動バックアップを行う為のプラグイン、といったような感じです。

WordPressのメリット・デメリット

僕の以前の記事「ブログ】無料?有料?どちらではじめるべき?」でもお伝えしましたが、改めてまとめると下記のようになります。

WordPressのメリット
  1. デザインのカスタムや自由度が高い。
  2. 自分のブログなのでなくなるリスクが低い。
  3. 広告を貼った場合、収入は全て自分のものになる。
WordPressのデメリット
  1. 維持費がかかる。(レンタルサーバー代、ドメイン代)
  2. 少し難しい。

というような感じです。

少し難しいとは言いましたが、僕自身全くの無知からスタートし、ネットというと必要であるかのように感じるプログラミングのスキル、HTML、CSSなど、はっきり言って、いまだに全くの無知です。

必要ないかと言えばそうではなく、やはり持っていた方がいいスキルではあると思うのですが、僕のように全く知らなくても問題なく運営はできているという事実です。

また、もう1つのデメリットとしてあげた維持費に関しましても、以前記事でお伝えしましたように正直ブログをやって行く中で得れるメリットを考えると、とてもコスパが良いのではないかと個人的には思います。

僕もWordPressでブログをはじめてみようかな。

Takaya

いいねー。実際に開設までの手順を分かりやすくまとめた記事もあるから、是非みてみてブログをスタートさせよう!
10分程で開設までできる内容になっているよ!

【まとめ】& WordPressの活用事例

最後に、実際にWordPressで運営されている有名サイトの実例もいくつかご紹介致します。
個人のブログ等ではないのですが、ご参考までに。

WordPressは個人ブログだけでなくホームページとしての活用もできます。

引用元:さいたまスーパーアリーナ
引用元:カカクコム
引用元:クックパッド
引用元:ソニーミュージック

ちなみに米国ホワイトハウスのウェブサイトもWordPressで運営されています。

引用元:ホワイトハウス

はい。
ということで今回はWordPress(ワードプレス)とは?という方向けに僕なりにではありますがご紹介、ご説明致しました。
僕自身まだまだ初心者なので、これからどんどんブログとともに自分自身も成長していきたいなと思っております。

WordPressにご興味が出た方やブログをスタートさせたいと思った方は、僕が実際に開設までの手順を分かりやすくまとめた記事もありますので、是非参考までにみてみてください。10分程で開設までできる内容になっています。

では最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次の記事でお会い致しましょう。

あわせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次